マツバ製茶株式会社:おいしさの秘密:製茶工程

HOME / おいしさの秘密 / 製茶工程

本当においしいお茶にするためには、非量産的な作業が必要でした。製茶工程 手間を掛ける。おいしくなる。誰もがわかっていることです。

ただ、生産性が落ちるため実行しているところはほとんどありません。

わたしたちマツバ製茶は、本来の生産量を半分にしてまでも求め続けてきた味と香りがありました。

「本当においしいお茶を皆様にお届けしたい。」

マツバ製茶のすべての製茶は、この想いから生まれています。

ひたすらおいしさにこだわりつくした逸品を是非ご賞味ください。

仕入れ

一番茶、二番茶、四・秋番茶を、年間に必要な量だけ仕入れます。

◆一番茶:4月下旬〜5月上旬
◆二番茶:6月下旬〜7月上旬
◆四・秋番茶 9月下旬〜10月上旬

原料保管

仕入れた荒茶は窒素用袋に入れ替え、1度真空にした後、窒素を充填し、即時、荒茶専用の冷凍冷蔵庫に保管します。1年間、お客様に同じ味をお届けするために、途中で茶葉が不足しないよう、的確な量を確保しています。 保管庫

仕上げ

型揃え「どこよりも丁寧に、丹精を込めて」

大小さまざまな状態で混じりあっている不揃いの荒茶を、総合仕上げ機にかけます。ふるい分け・木茎異物分離・切断の作業により、形を整え綺麗にし、大きさ、形にあわせて、カゴ下・なか・芽粉と3種類に分けます。

乾燥・火入れ「細心の注意と手間をかけて」

茶葉の種類ごとにマイクロ波乾燥機で水分を取り、直火で加熱したそれぞれ専用の回転ドラム機で焙煎し、お茶のうま味と香りと個性を引き出します。

選別と合組「何度も繰り返し、美味しさを完成」

火入れた茶葉は、電棒機や色彩選別機により茎棒を取り除きます。さらに風選選別機で粉茶などを取り、出来上がったものを、最後に合組機でブレンドして仕上げ茶になります。

型揃え 乾燥・火入れ
選別 合組

出荷前保管

仕上げ茶は即時に窒素充填し、仕上げ茶専用の冷蔵庫に保管します。

鮮度がある作りたてのお茶を出荷できるように、在庫は2週間を目安にし、計画的に製造しています。

出荷前保管

包装・出荷

注文に応じて仕上げ茶を合わせ、要望により小袋詰や缶詰・セット詰めにして出荷します。 包装