マツバ製茶株式会社:おいしさの秘密:水出し煎茶のおいしい入れ方方

HOME / お茶のマメ知識 / 水出し煎茶のおいしい入れ方

お茶のおいしい入れ方

水出し煎茶

その1

水出し用煎茶ティーバッグを冷水ポットへ入れます。水1Lにティーバッグ1袋(10g入り)が目安です。

※氷と一緒に入れても良いでしょう。

その2

10分〜15分たったらトングでティーバッグをしぼります。

※水の場合、お湯と違って成分が出にくいので、濃いめにしぼり出すとおいしくなります。

その3

充分しぼりきったらティーバッグは取り除きましょう。

※冷蔵庫に入れておけばいつでもおいしく飲めますが、風味の変わらぬうちになるべく早めにお飲みください。

※冷茶を作る際に使用するお茶は、一般的な煎茶などでも構いませんが、水でいれてもお茶の成分が抽出しやすい「水出し煎茶」をおすすめします。

保存方法

お茶は鮮度が大切です。開封後はなるべくお早目にお召し上がりください。

保存の場合は袋を密封し、そのまま茶筒に入れるかまたは袋のままラップで包装し、他のにおいをけさけて冷蔵庫にお入れください。