マツバ製茶株式会社:おいしさの秘密:煎茶(多人数の場合)のおいしい入れ方方

HOME / お茶のマメ知識 / 煎茶(多人数の場合)のおいしい入れ方

お茶のおいしい入れ方

煎茶(多人数の場合

その1

同じ容量の土びんを用意します。

Aの土びんには、お湯を8分目位入れ湯ざましをしておきます。

 


Bの土びんには、10人で20gのお茶の葉を入れます。

その2

Aのお湯をBにつぎ、40〜50秒待ちます。

Bの土びんにはお茶の葉が入っています。

その3

Bの煎出したお茶をAの土びんに移します。

Aの土びんにはお茶の葉は入っていません。

その4

Aの煎出したお茶は濃さは一定になっていますので、湯呑茶碗に均等につぎ分けます。

保存方法

お茶は鮮度が大切です。開封後はなるべくお早目にお召し上がりください。

保存の場合は袋を密封し、そのまま茶筒に入れるかまたは袋のままラップで包装し、他のにおいをけさけて冷蔵庫にお入れください。