マツバ製茶株式会社:おいしさの秘密:番茶・ほうじ茶・玄米茶のおいしい入れ方

HOME / お茶のマメ知識 / 番茶・ほうじ茶・玄米茶のおいしい入れ方

お茶のおいしい入れ方

番茶・ほうじ茶・玄米茶

その1
お茶の葉を急須に入れます。5人で15g(家庭にある大さじ多めに2〜3杯分)
その2

1人分の湯量はだいたい130ml。お湯を急須に入れてお茶が浸出するのを待ちます。

煎出時間 熱湯で30秒位

その3

お茶をつぐ分量は均等に廻しつぎし、お茶は絞りきりましょう。

●二煎目は一煎目より熱めのお湯を急須につぎ、ひと呼吸しつぎ分けてください。二煎目はお湯を入れてからすぐついでも結構です。

●お茶の有効成分は二煎目でほとんど出つくしてしまいますので、茶葉をお取り替えください。

保存方法

お茶は鮮度が大切です。開封後はなるべくお早目にお召し上がりください。

保存の場合は袋を密封し、そのまま茶筒に入れるかまたは袋のままラップで包装し、他のにおいをけさけて冷蔵庫にお入れください。